当院は痛みや痺れの症状を得意としております。当院の特徴の1つとして、治療にはエコーを使用していることが挙げられます。エコーを用いることで安全に治療を行うことができるため、患者様には安心して施術をうけて頂けます。 また、鍼治療だけでなくヨガ(運動療法)、分子栄養学を取り入れることで痛みや痺れがぶり返さない身体を作ることを目指しています。この3つのトータルサポートが治療には有効的です。

1エコーを使用した鍼治療

近年、痛みやしびれの症状はあるのにレントゲンやMRI検査で異常なしと言われている症状の多くは、筋膜などのファシア(いわゆる線維性結合組織の総称)の異常で起こるのではないかと言われております。その筋膜(ファシア)の異常部分は、エコー上では白く厚く映ることが多いです。エコーを見ながら、その白く映る重積部分に鍼をすることで痛みや痺れが改善していく例が多く見られます。

2ヨガによる運動療法

痛みや痺れがある程度落ち着いた患者様には、運動療法の一環としてヨガをおすすめしております。当院のヨガクラスの特徴は、普段使っていないが重要な筋肉へのアプローチに重点をおいているところです。最初はとてもきついと感じる方がほとんどです。しかし、3ヶ月ほど続けていくと日常生活が快適に、そして痛みや痺れが軽減していくように感じられると思います。ヨガクラスは完全予約制で行っております。その理由は、クラスのメンバーを確認した上でクラス内容を構成しているからです。痛みや痺れの症状軽減にぜひヨガクラスを受けて見て下さい。

3分子栄養学に基づいた栄養療法

症状改善に必要なのは、やはり食事です。食べたもので自分の身体は作られています。ということは、日々の食事が重要だということです。当院では血液データや問診などから、その方に必要な食事や生活スタイルをご提案させて頂いております。

4健康、美容、栄養をテーマにしたワークショップやセミナー

参加者の方々も楽しめるような、また私生活に活かせるようなものを企画し提供したいと考えています。随時、ワークショップ、セミナーの詳細が決まりましたらホームページにアップいたします。

PAGE TOP