メニュー

超音波エコー

痛みの原因を可視化

超音波エコーとは、おなかの中の赤ちゃんを見る事でも使用されているものです。赤ちゃんに使用されていることもあり、安全で体に害はありません。当院でしようしている超音波エコーは、それと同じもので音波を対象物に当ててその反響を映像化した診断装置になります。超音波エコーを運動器疾患や筋膜性疼痛症(MPS)に用いることで、痛みや痺れの症状が改善する例が多く見られます。

PAGE TOP